長野市PTA連合会は児童・生徒の幸福を希求して結集する社会教育団体です。

長野市PTA連合会とは

  • HOME »
  • 長野市PTA連合会とは

令和3年度 基本的な考え方

【活動テーマ】
『Walk  on』~新しい時代への歩みをともに~

【PTAの目的】
PTAとはParents=保護者の皆さん Teachers=教職員の皆さん Association=協力する会の略です。PTAは教育を行う民主的な団体で児童、生徒の健全な成長をはかることを目的としています。

【基本的な考え方】
2020年に開催予定であった東京オリンピックは今年に延期され、いまだに世界中では新型コロナウイルスとの戦いが続いています。
長野市内でも昨年度は、小中学校の入学式、卒業式等の学校行事が感染拡大防止策を取った上で開催されました。PTA活動も例年通りの運営が出来ず、中止と判断されたものが多かったと聞いています。ただ、「安易な中止の決定をせず、開催できる方法を考えればよかった」との反省で出てきたことが2020年度のすべてではないでしょうか。
長野市PTA連合会でも、前例のない「緊急事態宣言」下で様々な活動の自粛を求められ、その中でも活動をする方法を事務局、役員、理事で必死に考えました。本年も新しい形式のPTAを模索しなければなりませんが、すぐに正しい答えを導くことは不可能です。各単位PTA、ブロック、そして先生方と手を携え、未来につなぐ新しい礎の一つを作ることが大事だと考えています。

昨年4月から小学校で、本年4月からは中学校にて新学習指導要領が全面導入されました。その中では、これまでも大切にされてきた、子どもたちに「生きる力」を育むという目標がより強調されるようになりました。これからの社会が、どんなに変化して予測困難になっても、自ら課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、判断して行動し、それぞれに思い描く幸せを実現してほしい、そうした願いが込められています。
また、そのような学校教育実現のため、「社会に開かれた教育課程」が重視されています。すなわち、先生と子どもたちだけでなく、保護者・地域の働きかけがより大事になるということです。文部科学省の調査では、保護者の働きかけがある子どもの学力は高い傾向があるとの結果が出ています。学力に限らず、学校での学びを日常生活に活用したり、家庭・地域での経験を学校生活に活かしたりということが子どもたちの「生きる力」を育む大きな力になると思います。是非、「今日、学校で何を勉強した?」という一言からで構いませんので、働きかけをしていきましょう。

令和3年度の活動テーマは『Walk on』~新しい時代への歩みをともに~としました。
新学習指導要領の導入に加え、GIGAスクール構想実現のため、長野市内でも一人一端末の導入が進んでいます。コロナ禍で急激に進んだ学びの環境の変化には、子どもたち、先生方だけでなく、我々保護者もついていかないといけません。未来の担い手である子どもたちが「生きる力」を育むためには、PTAだけでなく、地域住民とも手を携え、立ち止まることなく一緒に歩みを進めることが大事だと考え、このようなテーマに致しました。

PAGETOP
Copyright © 長野市PTA連合会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.